YURI HIMURO

instagaram

SATOYAMA

A textile that allows you to snip and snap with scissors to arrange its design. For the snip-snap series, I focused on the action of cutting using a pair of scissors that lead me to discover a double structure textile. In this series, cutting will become a process of creation, instead of destruction. The customization of this kind will bring a smile to peopleʼ s faces and cultivate a sense of emotional attachment toward their belongings. In “SATOYAMA” , you will find water current underneath the green surface that represents cypress forest. Using your creativity, you can connect creeks to create a river that flows into a lake or a waterfall that runs down a mountain. You could also find yourself shaping interesting features of hinoki branches, planting bushes or growing flowers and weeds on the fabric. This is a textile that you enjoy and customize using a pair of scissor, creating scenery of your own mountain village. 人とテキスタイルとの関わりの中でハサミで切るという動作に注目し、デザインしたのが snip-snap textile です。二重の構造を持つテキスタイルを開発し、表層の糸が浮いている部分はハサミを入れることができるようになっています。そしてカットしていくと、そこに新たなストーリーを加えることができます。SATOYAMA はデザイナーが訪れた西粟倉の山からインスピレーションを受けて製作されました。ヒノキの森をイメージしたグリーンの部分にハサミを入れることができます。中には川が流れています。切る場所によって川をつなげていったり、湖を作ったり、山の上から滝を流したりすることができます。また切り方の工夫でヒノキの木のような表情のテクスチャーを作ったり、地面から生える草花に見立てたりと様々な楽しみかたが広がります。それぞれの景色を作って遊べるテキスタイルです。

リピートサイズ150×300cm、ウール20% ポリエステル80%、日本製 Repeat size 150cm×300cm, wool20% polyester80%, made in JAPAN special thanks YOUBI, a woodworking workshop in a mountain village of Nishiawakura-Okayama in Japan